総量規制対象外の楽天銀行スーパーローン

先ずは、楽天銀行のホームページに行き、楽天銀行のスーパーローンの申し込みページをクリックします。

申し込み条件が自分と合っているか確認したら、申し込みフォームに移動し、必要事項を記入して、申し込みします。

受付メールが届くはずですので、ドメイン設定をされている方は」、設定解除、または、楽天銀行の指定ドメインを受信設定するのを忘れないようにしましょう
。きちんと申し込みが送られたかどうか、Eメールをチェックしてください。

その後審査がされます。申し込みフォームでの入力事項での審査の結果を、最短で当日中にメールにより連絡があります。
審査のため、勤務先へ在籍確認があります。(個人名で在籍確認されると思います。)
在籍確認ができたら、申込者自身にも電話があり、契約内容の確認をされます。

次に、本契約に入ります。本人確認書類の確認が必要となり、また、100万円以上の借り入れ限度額を申請される方は、収入を証明できる書類の確認も必要になります。
3日以内に郵便または、携帯アプリによって提出しましょう。

その後カードが届き、楽天銀行の預金口座をお持ちでない方は、口座振替依頼書を返送して、手続きが終了となります。

携帯アプリで確認書類の写真を撮って送れるというのが、手続き終了までの時間を短縮できるのでいいですね。

限度額の設定が大切なカードローン

カードローンは一般的なローンとは違い、限度額の設定が必要になってきます。カードローンの場合、その限度額に応じて借り入れを行う事ができる為、まずは、その限度額を慎重に選ぶ事が大切になってくるのです。
多い方が便利だと思い、最高限度額まで申し込みすると、もしかすると審査を通過する事が出来ない事も考えれらます。

だからと言って、少ない限度額で申し込みを行うと、カードローンを実際に利用する際、お金が足らないといった事にもなりかねません。また、途中から限度額を上げる事は可能ですが、手続きが必要になるうえ、万が一、それまでに滞納や延滞を一度でもしていた場合、限度額を上げる事は非常に難しい状況になってきます。

このように、安易に決めてしまうと後悔する事が多い、カードローンの限度額設定。その為、カードローンをどこにするのか。金利はどうなのかなどと同じように限度額においても慎重に選択しないといけないという事が言えるのです。これは大事なことといえるでしょう。

他のところからもいろいろと検証してみたいと思います。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行のカードローンは総量規制の対象外となります。
大手銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫も総量規制の対象には含まれません。
逆に消費者金融になるとどんなに大きな所も、どんなに小さなところも総量規制対象になってしまいます。違いをよく理解して利用しましょう。

総量規制対象外のカードローンはよく選んで

年収の3分の1以上のお金を借りられないというのが総量規制ですが、実はこの規制が適用されないケースがあります。それが総量規制対象外といいます。総量規制対象外といってもいろいろ銀行などがあるわけで、どこから選んだらよいのかわからない、というような場合には比較サイトで検討すると良いでしょう。
一般的には総量規制対象外というのは銀行や信用金庫がメインとなってきます。ただし、そうした金融機関も数は膨大であり、また、それぞれがカードローンを複数取り扱っていたりしますから素人では何が良いかわからなかったりするわけです。
そうした時、一つの基準を与えてくれるのが総量規制対象外のカードローンを紹介している比較サイトです。
銀行をはじめとした金融機関には様々な性格があります。都市銀行、メガバンク、地方銀行、信用金庫などなどそれぞれの立ち位置があるわけで、カードローンもそうした状況によっていろいろなものが展開されています。自分に合ったカードローンは何なのか、他の人はどんなカードローンを選んでいるのか、そういったことを参考に選ぶのも良いでしょう。